慶應義塾大学三田メディアセンター

図書館展示室 展示情報

第331回企画展示

平成28年度センチュリー文化財団寄託品展覧会
「描かれた古(いにしえ)-近代日本の好古と書物出版- BOOKS ON ANTIQUES IN PRE-MODERN JAPAN」

11月14日からは、斯道文庫と共催で平成28年度 センチュリー文化財団寄託品展覧会を開催します。
江戸時代、武家や公家、豪商、学者、芸文家たちの間に好古の癖を持つ人々が多数出現しました。
彼らは古典といえる書物のみならず、古書画や古器旧物など、今日でいう文化財の類をひろく集めて愛玩し、所有の叶わないものは模写・模造・模刻を制作し、またそれらの情報をたがいに共有するなどしていにしえを想うよすがとしていました。
本展覧会ではそうした近世紀の人々が過去に向けていた多様な関心のありように光をあてています。

詳細はこちら(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫)

展示期間: 2016年11月14日(月)~12月16日(金)

展示場所:

第一会場: 慶應義塾図書館(新館)1階展示室 (開室時間 平日:9:00-18:20 土曜:9:00-16:50)
※日・祝日・11月17日、18日、19日休館
※一般の方も見学可能です(入場無料)

第二会場: 三田キャンパス アート・スペース (開室時間 平日:10:00-17:00)
※土・日・祝日・11月17日、18日休室

ギャラリートーク:

日時: 2016年11月25日(金) 、12月13日(火) 両日とも14:40~
場所: 慶應義塾図書館1階展示室
担当: 附属研究所斯道文庫 一戸 渉 准教授(展示監修)

主な展示資料:

松平定信『集古十種稿』、『法隆寺宝物之図』
冷泉為恭画「穂井田忠友像」
菅原洞斎『絵師姓名冠字類鈔』(自筆稿本)
神護寺紺紙金字一切経経帙

主催:

慶應義塾大学附属研究所斯道文庫
慶應義塾大学アート・センター
慶應義塾図書館

次回展示予定:

「なり姿の交差-人を模る造形コレクションー(仮)」2017年1月13日(金)~2月8日(水)

過去の展示情報(当年度+過去3年度分)

展示室を使用した展示企画について(展示室使用申請要項)

※2017年度分の展示室使用申請の受付は終了しました。(受付期間は、2016年7月29日(金)まで)