慶応義塾大学三田メディアセンター

図書館展示室 展示情報

第330回企画展示   

御伽草子の世界ー奈良絵本・絵巻を中心にー 


慶應義塾図書館には世界有数の御伽草子コレクションが所蔵されています。御伽草子とは、
室町時代から江戸時代初期にかけて制作された短編物語類を指します。その御伽草子の原本は、
手で書かれた写本か印刷された版本として保存されますが、御伽草子の各作品は、写本、その中
でも美しい絵を付した奈良絵本・絵巻の形をとることが多いのです。今回は、御伽草子の中でも、
奈良絵本・絵巻を中心に展示します。
慶應義塾図書館展示室では、近年、慶應義塾大学絵入り本プロジェクトで購入した奈良
絵本・絵巻を中心に展示してきましたが、今回展示する作品は、近年展示していなかった
作品が中心です。作品の名前もご存じないものがあるかもしれませんが、それぞれが古く
から存在した重要な作品です。ぜひ、美しい挿絵入りの古い日本の物語をお楽しみください。



展示期間:2016年9月26日(月)~11月5日(土) 

   

展示場所: 慶應義塾図書館(新館) 1階展示室  

開室時間: 平日:9:00-18:20 土曜:9:00-16:50

※日・祝日 休館
※一般の方も見学可能です(入場無料) 

主な展示資料:

『ともなが』 [江戸前期]写 絵巻 2軸
『是害坊絵巻』 [江戸前期]写 絵巻 1軸
『安珍清姫絵巻』 [江戸後期]写 絵巻 1軸
『文殊姫』 [江戸前期]写 奈良絵本 2帖
『七草ひめ(若菜の草紙)』  [江戸前期]写 奈良絵本 1冊


ギャラリートーク :

展示監修者によるギャラリートークを行います。

2016年10月6日(木)、10月21日(金) 各日14:40~ 
講師:文学部教授 石川 透

主催: 

慶應義塾大学三田メディアセンター展示委員会

 

次回展示予定:   

センチュリー文化財団寄託品展覧会
「描かれた古—近世日本の好古と書物出版—」
 2016年11月14日~12月16日


 

過去の展示情報(当年度+過去3年度分)

展示室を使用した展示企画について(展示室使用申請要項)

※2017年度分の展示室使用申請の受付は終了しました。(受付期間は、2016年7月29日(金)まで)