慶應義塾大学三田メディアセンター

国立国会図書館デジタル化資料の利用

国立国会図書館(NDL)は、資料の利用と保存の両立を図るため、所蔵資料のデジタル化を進めています。デジタル化された資料は、

等の方法で提供されています。

このうち「図書館向けデジタル化資料送信サービス」については、三田メディアセンターでも利用できます。

このサービスを利用できる方

教職員、大学院生、学部生
通信教育課程生のうち卒論登録をされた方もしくはスクーリング(通年・夏期・夜間)受講中の方
(塾員および一般の方は利用できません)

デジタル化資料の閲覧

利用場所

(新館)1階レファレンスカウンター脇「データベースエリア」の指定端末
※レファレンスカウンターで利用の申込みをしてください。

サービス時間

授業期間中:平日(月~金)8:45から18:30まで
休業期間中:平日(月~金)8:45から17:00まで
※土・日・祝日ならびに休館日は利用できません。

ご利用上の注意

‐ 利用には、ご本人のITCアカウントが必要です。指定端末にご本人のITCアカウントでログインした後に、職員による当該サービスへのログインを行います。

‐ 利用者ご自身が印刷することはできません。持ち込み機器(パソコン、USBメモリ等)の接続、画面のキャプチャ、カメラ撮影、スキャニング等もできません。

デジタル化資料の複写

  • 閲覧の結果、資料の複写をご希望の場合は別途申込が必要となります。学外からの文献複写取寄せと同様の手続きでお申込みください。

オンラインリクエスト :「文献複写取寄せ申込

窓口申込み:窓口備付の申込用紙(PDF「複写・借用・調査申込用紙」)を記入して、レファレンスカウンターでお申込みください。

  • お渡しまでには1~2開館日程度お時間をいただきます。
  • 料金は、モノクロ1枚30円、カラー1枚100円です。 A4、B4、A3の内、原寸に近いサイズでプリントします。 PDFファイルからのプリントとなります。(プリント見本
  • 複写できる範囲は、著作権法の範囲内となります。