慶應義塾大学三田メディアセンター

海外図書館の利用

海外図書館の利用

海外の図書館では、国内のように決まった紹介状制度があるわけではありません。入館に紹介状ではなく、そのほかの書類が必要になることも多くなります。図書館で相手館への問い合わせなどの代行は行っておりません。各自事前に十分準備して利用してください。

■事前調査

まず、訪問先の図書館に入館するには何が必要かを確認してください。そうした情報は、訪問先図書館のホームページ、または問い合わせ先へ直接メールするなどで確認をお願いします。もし連絡先が分からない場合は、レファレンスカウンターにご相談ください。

以下は、必要になる書類の一例です。

  • 国際学生証
  • パスポート
  • 指導教員による紹介状
  • 図書館発行の紹介状

 

図書館発行の紹介状(A Letter of introduction)が必要な場合は、レファレンスカウンターにて図書館長名での英文の紹介状を発行します。

参考: 世界の図書館リンク集(筑波大学図書館作成)

参考: 入館案内の例

 

■英文紹介状(図書館長名)の申し込み

注意:持参者が慶應義塾大学の所属者であることを紹介するのみです。研究目的なので便宜を図って欲しい旨の一文を記述しますが、入館を保証するものではありません。また、通常顔写真のついたID(国際学生証/英文身分証明書)の提示を求められますので、持参してください。

  • 申し込み場所: 図書館1階レファレンスカウンター
  • 記入項目: 学生証または利用券を提示し、紙に以下の項目を書いて提出してください
    • 相手の図書館の正式名称(英語)
    • 自分の所属(英語)
    • 自分の氏名(英語・パスポートに記載しているローマ字表記で)
    • 自分の住所と連絡先(日本語・発行時に連絡します)
    • 研究テーマ(英語・なるべく詳しく)
    • 利用期間と利用資料(可能であれば具体的な資料名や、請求記号も記入してください)
  • 発行まで: 申請から約3日(開館日換算)