このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
FBI file on Albert Einstein
請求記号
YB@357
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
1 reel
編集者・原本所蔵館
Federal Bureau of Investigation
出版社
Wilmington, Del.: Scholarly Resources,1985.
内容解説
1933年、アルバート・アインシュタインは、ナチス・ドイツの台頭するドイツを離れ、Institute for Advanced Studies in Princeton(プリンストン高等研究所)に職を得てアメリカに移住します。アインシュタインはその後も精力的に研究活動を続ける一方で、多くの主題、特に平和に関する演説を行いました。相対性理論の発見と「天才」として知られ、数多くの科学技術の賞を受賞しているアインシュタインは、一方でアメリカへの移住直後から、FBIの監視対象者となっていました。赤狩りが激化する時代にあって、特に反戦的な言動や、彼の出自、高度な武器にも通じる知識、そして共産主義者やシオニストとの関わりが当局にとって危険とみなされたのです。

本資料は、1933年から博士の亡くなった1954年までのアインシュタイン博士に関するFBI文書を収録したものです。中には、アインシュタインに関するフーバーFBI長官宛ての書簡、それに対する長官の返信、FBI捜査官による報告書、アインシュタイン博士に関する記事の切り抜きなどが含まれます。

収録された資料は、Freedom of Information Actに基づき、PDFファイルで公開されています。
http://foia.fbi.gov/foiaindex/einstein.htm

当時の米国の思想政策を知るだけでなく、アインシュタイン本人の言動や、彼に関する報道などをまとめて見ることのできる貴重な資料です。
分野
社会思想・社会問題/米国/20世紀:科学技術/米国/20世紀
検索ツール
なし
関連文献
Federal Bureau of Investigation. Albert Einstein http://foia.fbi.gov/foiaindex/einstein.htm (accessed 23 Aug. 2007)
備考
 
このウィンドウを閉じる