このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
府県史料
請求記号
YA@515
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
378リール
編集者・原本所蔵館
国立公文書館
出版社
東京: 雄松堂書店, [1962]
内容解説
『府県史料』とは、1874(明治7)年から1885(明治18)年にかけて行われた各府県の沿革調査の集成です。対象となった府県は1道3府41県(香川は当時愛媛及び徳島に分属、沖縄県はなし)です。府県によって細目の不統一や記述の精粗はありますが、基本は政治部と制度部の二部構成で、計数的な調査がされている点が特長です。

明治維新後、政府は国史編修事業を重要視し、全国的な地方行政の調査に着手しました。太政官正院に歴史課(1875年に修史局、1877年に修史館と改組)と地誌課が置かれ、前者は沿革調査を中心とした『府県史料』の編纂に、後者は現状実態調査に主眼を置いた『皇国地誌』の編纂に従事しました。太政官達147号(明治7年)によって各府県が調査を命じられ、主題別に収集された史料が歴史課へ提出されました。
太政官制度廃止及び内閣制度発足(1885年)後、国史編修は中断され、『府県史料』も未定稿に留まりましたが、後に公文書として内閣記録課庶務掛にて保管され、1914年に内閣文庫(現・国立公文書館内閣文庫)へ移管されました。同時期に編纂されていた『皇国地誌』は関東大震災により焼亡したため、『府県史料』は、明治初期の地方の実態を知ることが出来る数少ない資料です。
分野
歴史/日本/明治
検索ツール
(付録)『府県史料 解説・細目』(YA@515@Index)(3階マイクロ索引)
関連文献
・福井保.1974年.「府県史料」の解題と内容細目」『北の丸』2号,67-125頁.
・佐藤秀夫編.1985年.『府県史料教育』全26巻. 東京:ゆまに書房.
備考
 
このウィンドウを閉じる