このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
静嘉堂文庫所蔵古辞書集成
請求記号
YA@535
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
178 reels
編集者・原本所蔵館
静嘉堂文庫
出版社
東京 :雄松堂フィルム出版 ,1986.
内容解説
静嘉堂文庫とは、三菱第二代社長岩崎彌之助(1851〜1908)と、その息子であり四代社長を務めた小彌太(1879〜1945)の父子二代によって建設された、古典籍と東洋古美術品を収蔵する文庫です。そのコレクションは、青木信寅・山田以文・色川三中・田中頼庸・宮島藤吉・松井簡治等の旧蔵書を含む約20万冊の古典籍と5,000点の東洋古美術品からなり、中には国宝7点、重要文化財82点を含むなど、貴重な資料を数多く所蔵しています。静嘉堂文庫では、1973年より所蔵する和書のマイクロ化を進め『国語学資料集成』『歌学資料集成』『物語文学書集成』『古辞書集成』と、文庫所有の国語・国文学関係の図書資料の大部分がマイクロ化されています。

この資料は、静嘉堂文庫が所蔵する古辞書の写本・刊本361部(2,137冊)を辞書の部(231点1177冊:1-106reelに収録)、事彙の部(130点960冊:107-178reelに収録)の2部に分け、平安期の『新撰字鏡』『和名類聚抄』『類聚名義抄』『色葉字類抄』、中世の『下学集』『運歩色葉集』『節用集』、近世の『東雅』『和訓類林』『鸚鵡抄』『訓蒙図彙』『和漢三才図会』、明治初期の『文芸類纂』などを収録しています。さらに類書・伝書の類や近世諸学者の考証・研究書も含み、日本辞書史を総観することができます。

慶應義塾図書館では、静嘉堂文庫の次のマイクロ資料を所蔵しています。
・『静嘉堂文庫所蔵歌学資料集成 [microform]』(YA@490)
・『源氏物語 [microform]』(物語文学書集成 : 静嘉堂文庫所蔵 ; 第2編)(YA@519)
分野
文学・語学/日本/江戸以前:図書/日本/江戸以前
検索ツール
・(付録)『マイクロフィルム版静嘉堂文庫所蔵古辞書集成収録書目録』(YA@535@Index)(3階マイクロ索引)
関連文献
・静嘉堂文庫編纂.1929.『静嘉堂文庫国書分類目録』砧村 (東京府) : 静嘉堂文庫(RA@029.6@S1@1-1)
・静嘉堂文庫編.1939.『続静嘉堂文庫国書分類目録』[東京] : 静嘉堂文庫(RA@029.6@S1@1-2)
・国立国会図書館支部静嘉堂文庫編.1956.『再続静嘉堂文庫国書分類目録』[東京] : 国立国会図書館管理部(RA@029.6@S1@1-3)
・静嘉堂文庫編.1976.『静嘉堂文庫所蔵歌学資料集成 [microform]』東京 : 雄松堂フィルム出版(YA@490)
・『源氏物語 [microform]』(物語文学書集成 : 静嘉堂文庫所蔵 ; 第2編)東京 : 雄松堂フィルム出版(YA@519)
備考
 
このウィンドウを閉じる