このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
東北大学附属図書館所蔵狩野文庫マイクロ版集成
請求記号
YA@552
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
2322リール
編集者・原本所蔵館
東北大学附属図書館
出版社
東京: 丸善, 199?-
内容解説
東北大学に収蔵される狩野文庫は、出羽国大館(現秋田県大館市)出身の学者、狩野亨吉(かのうこうきち)の旧蔵書です。狩野博士は、旧四高・旧五高の教授、旧一高校長を経て、明治39(1906)年京都帝国大学文科大学長に就任します。その際に幸田露伴、内藤湖南など在野の研究者を採用するといった大胆な人事を行いました。退官後、書画の鑑定や古書売買斡旋などを業とする一方、自然科学思想史の開拓者として、安藤昌益、本多利明、志筑忠雄らを発掘したことでも知られています。

古書収集家としても有名で、和漢古書を中心とした幅広い分野の質の高いコレクションは総数10万8000冊にのぼり、「古典の百科」とも称せられました。これらの蔵書は生前より東北大学附属図書館に納入され、中には後に国宝に指定される「史記 考文本紀 第十」(延久5年(1073)写)、「類聚国史 巻二十五」(平安時代末期写)といった貴重な資料も含まれます。

狩野文庫のうち、和書の線装本・貴重書約55,000冊をマイクロフィルム化したものが本資料です。資料は以下のように分類され、収録されています。

第1門 総記・雑書
第2門 哲学・宗教・教育
第3門 歴史・地理
第4門 語学・文学
第5門 美術・工芸・技芸
第6門 法律・政治・経済
第7門 数学
第8門 理学
第9門 医学
第10門 工学・兵学

また、マイクロフィルム化された資料の一部は電子化され、東北大学附属図書館のホームページで見ることも可能です。
分野
図書/日本/江戸以前
検索ツール
・(付録)『東北大学附属図書館所蔵 狩野文庫目録 和書之部』(YA@552@Index)(3階マイクロ索引)
関連文献
・東北大学附属図書館狩野文庫画像データベース http://www2.library.tohoku.ac.jp/kano/kano_top.html (参照2007年7月19日)
・東北大学附属図書館狩野文庫画像データベース絵図 http://www2.library.tohoku.ac.jp/kano/ezu/index.html (参照 2007年7月19日)
備考
 
このウィンドウを閉じる