このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
江戸幕府刊行物集成
請求記号
YA@559
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
 
編集者・原本所蔵館
マイクロフィルム版「江戸幕府刊行物」編集委員会
出版社
東京: 雄松堂, [198-?]
内容解説
徳川家康は木活字を用いて『孔子家語』『六韜』『三略』などの伏見版、ついで『群書治要』などの駿河版を刊行しましたが、その後も江戸幕府は昌平坂学問所あるいは医学館から数多くの資料を刊行しました。また江戸末期には洋学の導入と洋式兵法の普及のために天文方・長崎奉行所・洋書調所・陸軍所などから出版したものも多くあります。このマイクロフィルムには これらの幕府刊行物を、内閣文庫を中心に20余の図書館・研究機関の協力を得て収録しています。
分野
図書/日本/江戸以前
検索ツール
・(付録)収録書総目録 (YA@559@index)(3階マイクロ索引)
・福井保著.1985.『江戸幕府刊行物』(RA@027.1@F1@2)
関連文献
 
備考
 
このウィンドウを閉じる