このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
中国調査旅行報告書
請求記号
YA@571
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
136リール
編集者・原本所蔵館
原本の発行元: 東亜同文書院
所蔵館: 愛知大学
出版社
東京: 雄松堂, 1996.
内容解説
東亜同文書院の学生達による戦前(1916-1935年)の中国各地の調査報告書の生原稿を撮影したものです。

愛知大学の前身である東亜同文書院は、1901年に上海に建学された日本人のための高等教育機関で、多数の有能な卒業生を産業界や植民地行政の分野に輩出した名門校かつビジネススクールでした。設立の目的は日中間の文化交流事業や貿易実務に必要な人材を養成することにありましたが、その実践として学生達は中国全土を踏査する調査旅行を行いました。研究テーマは、産業、交通、人口、教育、社会組織、災害など多岐に渡ります。「大旅行」と呼ばれたこの調査旅行は5期生の最終年度(1907年)から終戦頃まで行われ、卒業論文風の「調査報告書」と日記風の「大旅行誌」が提出されましたが、本マイクロフィルムは「調査報告書」にあたります。

本マイクロフィルムは愛知大学の「霞山文庫」に現存する「調査報告書」を収録したものです。全てが現存しているわけでなく、愛知大学が所蔵するのは1916年〜1919年、1921年〜1935年までの420冊です。

■各リールの収録内容
大正5年(1916) 第10回(第13期生) REEL 1-14
大正6年(1917) 第11回(第14期生) REEL 15-26
大正7年(1918) 第12回(第15期生) REEL 27-40
大正8年(1919) 第13回(第16期生) REEL 41-26
大正9年(1920) 第14回(第17期生) 現存しません
大正10年(1921) 第15回(第18期生)REEL 47-56
大正11年(1922) 第16回(第19期生)REEL 57-68
大正12年(1923) 第17回(第20期生)REEL 69-77
大正13年(1924) 第18回(第21期生)REEL 78-80
大正14年(1925) 第19回(第22期生)REEL 81-89
大正15年(1926) 第20回(第23期生)REEL 90-96
昭和2年(1927) 第21回(第24期生) REEL 97-103
昭和3年(1928) 第22回(第25期生) REEL 104-110
昭和4年(1929) 第23回(第26期生) REEL 111-117
昭和5年(1930) 第24回(第27期生) REEL 118-124
昭和6年(1931) 第25回(第28期生) REEL 125
昭和7年(1932) 第26回(第29期生) REEL 126
昭和8年(1933) 第27回(第30期生) REEL 127-129
昭和9年(1934) 第28回(第31期生) REEL 130-131
昭和10年(1935) 第29回(第32期生)REEL 132

■目次編
第10〜13回 調査旅行報告書目次 REEL 133
第15〜16回 調査旅行報告書目次 REEL 134
第17〜23回 調査旅行報告書目次 REEL 135
第24〜29回 調査旅行報告書目次 REEL 136

なおこれらの調査報告書は、すべてでありませんが、『支那省別全誌』全18巻 1915-1920年刊、『新修支那省別全誌』(1941年から刊行・1944年で中断)の作成に利用されています。
分野
経済・経営/中国/現代:商業・会計/中国/現代:産業/中国/現代:風俗・文化/中国/現代
検索ツール
(付録)『東亜同文書院 中国調査旅行報告書 総目次』(付録: 大旅行誌. 解説: 藤田佳久)東京: 雄松堂(YA@571@Guide)(3階マイクロ索引)
関連文献
『東亜同文書院中国大旅行』14リール(YA@572) ※大旅行に参加した学生達の日記形式の旅行記録。
藤田佳久編著. 1994-.『東亜同文書院・中国調査旅行記録』豊橋: 愛知大学, 東京: 大明堂.(A@292.209@T4@2-1)※本マイクロフィルムに含まれなかった、調査報告書に途中から挿入された日誌部分。
備考
別タイトル: 中国調査旅行報告書
原題: 支那調査旅行報告書
このウィンドウを閉じる