このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
東亜同文書院中国大旅行
請求記号
YA@572
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
14リール
編集者・原本所蔵館
原本の発行元: 東亜同文書院
所蔵館: 愛知大学
出版社
東京: 雄松堂, 1996.
内容解説
東亜同文書院の学生達による戦前(1907-1943年)の中国各地の旅行記録です。第5期生(明治40年度)から第40期生(昭和17年度)までの学生の旅行記録で日記や随筆風に各班・各コース毎にまとめられています。

愛知大学の前身である東亜同文書院は、1901年に上海に建学された日本人のための高等教育機関で、多数の有能な卒業生を産業界や植民地行政の分野に輩出した名門校かつビジネススクールでした。設立の目的は日中間の文化交流事業や貿易実務に必要な人材を養成することにありましたが、その実践として学生達は中国全土を踏査する調査旅行を行いました。研究テーマは、産業、交通、人口、教育、社会組織、災害など多岐に渡ります。「大旅行」と呼ばれたこの調査旅行は5期生の最終年度(1907年)から終戦頃まで行われ、卒業論文風の「調査報告書」と日記風の「大旅行誌」が提出されましたが、本マイクロフィルムは「大旅行誌」にあたります。

本マイクロフィルムは愛知大学の「霞山文庫」所蔵分と、一部東洋文庫所蔵分を収録したもので、「大旅行誌」のほぼ全てが網羅されています。

■各リールの収録内容(*は東洋文庫所蔵資料)

REEL-1
第5期生 踏破録* 明治40年 (学友会会報6・7号に掲載)
第6期生 禹域鴻爪* 明治41年 (学友会会報8・9号に掲載)
第7期生 一日一信 明治43年
第8期生 旅行記念誌 明治44年
REEL-2
第9期生 孤帆雙蹄 明治45年
第10期生 楽此行 大正2年
第11期生 沐雨櫛風 大正3年
REEL-3
第12期生 同舟渡江 大正4年
第13期生 暮雲曉色 大正5年
REEL-4
第14期生 風餐雨宿 大正6年
第15期生 利渉大川 大正7年
REEL-5
第16期生 虎風龍雲 大正8年
第17期生 春秋 昭和48年
第18期生 粤射隴游 大正10年
REEL-6
第19期生 虎穴龍頷 大正11年
第20期生 金聲玉振 大正12年
REEL-7
第21期生 彩雲光霞 大正13年
第22期生 乗雲騎月 大正15年
REEL-8
第23期生 黄塵行 昭和2年
第24期生 漢華 昭和3年
第25期生 線を描く 昭和4年
REEL-9
第26期生 足跡 昭和5年
第27期生 東南西北 昭和6年
第28期生 千山萬里 昭和7年
REEL-10
第28期生 (続)千山万里 昭和45年
第29期生 北斗之光 昭和8年
第30期生 亜細亜の礎 昭和9年
REEL-11
第31期生 出廬征雁 昭和10年
第32期生 翔陽譜 昭和11年
REEL-12
第33期生 南腔北調 昭和12年
第34期生 嵐吹け吹け 昭和13年
第34期生 (続)嵐吹け吹け 昭和55年
REEL-13
第35期生 靖亜行 昭和14年
第35期生 (続)靖亜行 昭和59年
REEL-14
第36期生 大旅行紀 昭和15年
第37期生 未刊行
第38・39期生 大陸遍路 昭和17年
第40期生 大陸紀行 昭和18年
分野
経済・経営/中国/現代:商業・会計/中国/現代:産業/中国/現代:風俗・文化/中国/現代
検索ツール
『東亜同文書院 中国調査旅行報告書 総目次』(付録: 大旅行誌. 解説: 藤田佳久)東京: 雄松堂(YA@571@Guide)(3階マイクロ索引)
『東亜同文書院大学 大旅行誌 記事検索』(愛知大学)
http://hegel.aichi-u.ac.jp/tools/toa/index.html(13 February 2007)
※期・氏名・班名・タイトルでの検索が可能で、期・氏名・班・タイトル・期タイトル・マイクロ出典が表示されます。全文はマイクロを参照してください。
関連文献
『中国調査旅行報告書』(YA@571) ※大旅行に参加した学生達の調査報告書。

藤田佳久編著. 1994-.『東亜同文書院・中国調査旅行記録』豊橋: 愛知大学, 東京: 大明堂.(A@292.209@T4@2-1〜) ※マイクロに含まれなかった、調査報告書に途中から挿入された日誌部分。
備考
別タイトル: 東亜同文書院大旅行誌
このウィンドウを閉じる