このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
郡是・町村是資料マイクロ版集成: 一橋大学経済研究所附属日本経済統計情報センター所蔵
請求記号
YA@582
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
105巻
編集者・原本所蔵館
一橋大学 経済研究所 日本経済統計情報センター
一橋大学経済研究所附属日本経済統計情報センター所蔵
出版社
東京: 丸善, [199-]
内容解説
明治20年代から大正にかけて、在来・地方産業の振興をめざして、全国各郡、町、村で現状を調査して将来目標を定め、そのための施策を纏めた資料。郡是・市町村是とは、行政単位としての郡市町村、ないしその地域の指導者たちが中心となってまとめた社会・経済各方面にわたる到達目標のことです。その作成時期は様々であり、明治20年代末から昭和の初めにまで及びます。内容的にも、時代や地域により異なる部分が大きくありますが、多くの場合、地域の現状を数値データや文章で示す部分(「現況の部」「参考の部」などと題される)と、これを基に計画を述べる部分(「将来の部」などと題される)とを含んでいます。『マイクロ版集成』には1116点が収録され、地域的には福岡県が最も多く207点、これに新潟県の172点、島根県の121点、茨城県の97点などが続いています。郡是・市町村是は、経済史をはじめとする歴史関係の分野のみならず、民俗学、地理学その他、さまざまな分野で活用できる資料といえます。
分野
歴史/日本/明治:歴史/日本/大正:産業/日本/明治:産業/日本/大正:統計/日本/明治
検索ツール
・(付録)『「郡是・町村是資料マイクロ版集成」目録・解題』(3階マイクロ索引)
関連文献
 
備考
16㎜
このウィンドウを閉じる