このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
島津家文書: 東京大学史料編纂所所蔵
請求記号
YA@598
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
223リール
編集者・原本所蔵館
東京大学史料編纂所
出版社
東京: 東京大学出版会, 2000.
内容解説
島津家文書は、旧薩摩藩主島津家重代相伝の文書で、時期は平安時代から幕末維新期に及びます。東京大学史料編纂所が所蔵する島津家文書のマイクロ版は1.島津家文書 2.島津家本 3.旧記雑録の三部で構成され、本マイクロは1.島津家文書にあたります。『大日本古文書』(第16 島津家文書 東京帝国大学文科大学史料編纂掛編纂)未収録分も収録されています。

内容は、源頼朝下文を含む始祖島津忠久以来の歴代の中世文書と十五代貴久以来本宗家を継いだ伊作島津氏の中・近世文書を中心としています。これらの文書の内、手鏡仕立てのものは島津家にとっての最重要文書とされ、『歴代亀鏡』2帖は、源頼朝・足利尊氏・織田信長らの文書、『国統新亀鏡』1帖は、徳川家康書状および御内書・徳川秀忠・徳川家光の御内書の一部、『宝鏡』2帖は、鎌倉幕府関係の文書、『手鏡』2帖は、近衛前久ら近衛家よりの書状類を収めています。その他は、鎌倉・室町期の文書も含めて巻子仕立てにされており、大部分は戦国期以降の近世島津氏に関わる文書で『御文書』と外題が付されています。また上記の他、系図や国絵図や寺院文書も収録しています。
分野
歴史/日本/江戸以前:政治・外交/日本/江戸以前
検索ツール
・(付録)解題(YA@598@Guide)
・(付録)索引CD-ROM(YA@598@X)
関連文献
 
備考
16mm
このウィンドウを閉じる