このウィンドウを閉じる
マイクロ資料リスト Micro Materials List
詳細画面
タイトル
Attentat des 12 et 13 mai 1839: proces-verbal des seances relatives au jugement de cette affaire
請求記号
YB@276
資料形態
マイクロリール
巻数・枚数
1 reel
編集者・原本所蔵館
Bibliotheque nationale de France
出版社
 
内容解説
1839年5月12日と13日に起きた「季節社(Societe des Saisons)」の蜂起に関する法廷の議事録です。

季節社はフィリップ4世(Louis-Philippe)の七月王政下で、共和制を目指し反政府活動を行った秘密組織です。フランスの革命家オーギュスト・ブランキ(Blanqui, Louis-Auguste)が、バルベス(Barbes, Armand)やマルティン・ベルナール(Bernard, Martin)らと共に1937年に結成し、会員の多くは労働者でした。1839年5月にパリで蜂起しますが、失敗に終わり主要メンバーは逮捕されました。

この資料は、この事件に関するCour des Pairs de France(国王によって特権を与えられ、同じく特権を持つ同輩によってしか裁かれない称号を持つ王族や大貴族らによる法廷)の裁判の議事録等を収録しています。
分野
法律・判例/フランス/19世紀:歴史/フランス/19世紀:政治・外交/フランス/19世紀
検索ツール
 
関連文献
 
備考
別タイトル: Cour des Pairs de France. Attentat des 12 et 13 mai 1839. Proces-verbal des seances relatives au jugement de cette affaire.
このウィンドウを閉じる